マニュアルの翻訳をする方法|プロに依頼しよう

多言語化時代の翻訳対応

国際交流

翻訳会社選びのポイント

日本で海外とのビジネスを展開する際にベースとなる外国語は、一般的には英語であるケースが圧倒的多数を占めると言われています。しかしながら、昨今は情報技術の急速な発展に伴い、インターネット上などでも様々な言語での文字によるコミュニケーションが可能となってきています。それだけに、翻訳に求められるニーズも最近では様変わりしてきており、英語以外の多言語翻訳への対応に迫られるようなケースも珍しくなくなりつつあると言えるかと思います。このような場合、自社の内部では対応が容易ではないため、翻訳作業を外注するケースも多いかと思われますが、その際は英語のみならず多言語翻訳への対応が可能な翻訳会社を慎重に選ぶ事が必要になってくると言えます。一口に多言語翻訳と言っても、翻訳会社の規模や体制によって対応可能な言語や専門分野も異なり、翻訳者の人数やクオリティにもかなりの幅があると考えられます。そのため、翻訳会社への見積もり依頼等の際には、まずは当該の外国語への対応状況を細かくしっかりと確認する事が何よりも重要なポイントであると言えるでしょう。また、多言語翻訳の場合、同時に翻訳を進める言語の数が多くなればなるほど、各国の時差や国情の違い等により工程管理がより複雑化する可能性が高くなる事も予想されます。そのような点も考慮した上で、円滑な業務進行に定評のある翻訳会社を見極めるために、細心の注意を払う必要があると言えるでしょう。